新着情報news

《 歯科衛生情報局 第4回 ホワイトニング~美しく白い歯に~》

カテゴリー:歯科衛生情報局 更新日:2019.06.29

☆ 今日の先生 ☆

歯科衛生コース 1年生担任
戸村 美智子 先生

近年、海外に滞在して帰国した方が歯科医院に来ると「歯並びを綺麗にしたい」「歯を白くしたい」と言う声をよく聞きます。
日本では気にならなった歯並びや歯の色が、海外では恥ずかしく感じてしまうようです。

日本人を含むアジアモンゴル系の民族は、欧米人に比べて歯が黄色味を帯びています。
これは、民族の食が関係しています。歯の表面のエナメル質は、人体で最も硬い組織で白色です。その下にある象牙質はエナメル質より柔らかく黄色です。
日本人の歯は、穀物を磨り潰す為にしなやかに出来ており、エナメル質が欧米人より薄く象牙質の色を反映しているので黄色く見えるのです。

とは言っても、やはり白い歯は魅力的です。美人を示す表現に【明眸(めいぼう)皓歯(こうし)】(澄んだ瞳と白く綺麗な歯)がある事から、白い歯が好ましく見られるのは間違いありません。
歯の表面に付着した歯垢や歯石、色素沈着を落とす事でも綺麗になりますが、もともとの歯の色や加齢に伴う変色を改善するにはホワイトニングが必要です。

ホワイトニングは、専用の薬剤を使い天然歯を白くします。歯科医院で行うホワイトニングは、強力な薬剤を歯に塗布し光を当て、その場で白くする事が出来ます。
自宅で行うホワイトニングは、歯科医院で作った専用のマウスピースに薬剤を入れて使用し、数日かけてゆっくり白くなっていきます。
薬剤の効果は個人差がありますので、使用量や回数などは歯科衛生士にご相談下さい。

↑ 歯科医院で行うホワイトニング

ホワイトニング後は髪の毛のカラーリングと同様に徐々に色が戻っていきます。
色が気になってきたら歯科医院で歯の色を確認し、再度ホワイトニングをする事で再び白くする事が出来ます。
白い歯であなたの魅力をアップしてみませんか?

本校では歯科衛生士に求められるホワイトニング技術にも力を入れています。
実践主義の本校でみなさんもぜひ学んでみませんか?

»オープンキャンパスのお申込みはコチラ«

《 歯科衛生情報局 第3回 歯周病》

カテゴリー:歯科衛生情報局 更新日:2019.03.20

☆ 今日の先生 ☆

小山 祐樹 先生
本校「微生物学」の授業にて教鞭をとる。

歯周病とは、歯を支える歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨(しそうこつ)・セメント質)に炎症が生じている病気の総称です。

炎症が歯肉だけに留まっている状態を「歯肉炎」、炎症が歯槽骨にまで広がっている状態を「歯周炎」といいます。
歯周炎になると、歯を支えている歯槽骨が徐々に吸収し、だんだんと歯がグラグラして最終的には抜けてしまいます。

厚生労働省が実施している歯科疾患実態調査では、歯肉炎の状態を含めると、日本人の8割近くが歯周病に罹患(りかん・病気にかかること)しているという報告が出ています。

このように罹患率は非常に高いのですが、多くの人は自分が歯周病である事に気が付かないでいます。
これは、歯周病が『silent disease』と言われるように、痛みがなく静かに進行していくためです。


(クリックすると大きな画像で確認できます)

歯周病であるかどうかを調べるためには、歯科医院で歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)を測定してもらいましょう。
歯周ポケットの深さが1~2mmであれば問題はありませんが、ポケット深さが3mm以上であったり、測定時に出血がある場合は要注意です。

歯周病の原因は、歯の表面に付着しているデンタルプラーク(歯垢)です。
歯垢1mg中には10億個の細菌が存在しており、この細菌が持つ毒素によって歯槽骨の吸収が生じます。

そのため、歯周病の予防のためには、付着したデンタルプラークを除去することが最も重要です。
デンタルプラークは、バイオフィルムといって細菌同士が特殊な連携をとって歯面と強固に付着しているため、水圧や消毒薬では除去できず、歯ブラシによって機械的に除去する必要があります。
また、歯ブラシは歯の表面のプラークは除去できますが、歯と歯の間(歯間部)にはあまり入らないため、歯間ブラシフロスといった補助的な清掃用具も必須となります。

歯ブラシがしっかりと歯面に当たって磨けているか、歯間部の隙間に適したサイズの歯間ブラシを使用できているかなどは、自分で確認することが難しいため、ぜひ歯科医院で歯ブラシの練習をしてもらってください。

また、近年の研究で、デンタルプラーク中の細菌が血管内に侵入し血流に乗って全身に回ることによって、糖尿病や高血圧、アルツハイマー型認知症など様々な疾患とも密接に関係していることが明らかとなってきました。

歯ブラシは、虫歯や歯周病だけでなくこのような全身疾患の予防につながりますので、頑張って歯ブラシをしましょう。

《 歯科衛生情報局 第2回 正しい歯ブラシの選び方》

カテゴリー:歯科衛生情報局 更新日:2019.01.31

☆ 今日の先生 ☆

歯科衛生コース 学科長
広川 香 先生


みなさんは普段どのように歯ブラシを選んでいますか? 
第2回目となる「歯科衛生情報局」では、歯ブラシ選びのポイントをご紹介していきます!

★ 自分に合った歯ブラシのヘッドを見つけよう ★
まずは、歯ブラシの頭部(ヘッド)の大きさが口の大きさに合うかどうかです。

 

一般的には、上の前歯2本分、または親指の爪の幅が目安といわれています。
小さめの方が口の中で細かく動かしやすく、奥まで届きやすいです。


★ 目的に合わせて選びましょう ★
次に、みなさんの使用目的に合わせた選び方です。
むし歯が気になる、歯のスキ間の食べカスが気になる、歯周病が心配など、ご自分のニーズに合う物を選ぶことが大切です。




★ 毛の形や硬さが重要です ★
歯ブラシの毛の硬さや毛先の形もポイントになります。
毛の硬さは、歯ぐきに問題がなければ「ふつう」、歯ぐきが腫れたり出血がある方は「やわらかめ」をおすすめします。

しっかり汚れを落としたい方は「ふつう」または「かため」でも良いですが、歯ぐきを傷めないよう注意しましょう。
毛先の先端の形にも、歯の面を効率良く磨ける平らなタイプや球状タイプ、歯ぐきの溝に入りやすい先細や極細タイプなど種類がありますのでよく見ましょう。
 

毛の植え方も一般的な平らな形、歯と歯の間に合わせたギザギザな波形、奥や溝に入れやすい一部背が高い形、毛のフチが腫れた歯ぐきに当たりにくいドームの形など色々あります。

また、柄が手になじみやすいなど持ちやすさもポイントになりますね。




★ 歯科衛生士に相談するのもアリ!★
その他、毛の材質の違いや毛の植え込みの列数による頭部の幅の違い(最近は短時間で磨きたい方には幅広があります)など様々な商品がありますので、より自分に合ったものを見つけたい方は、一度、歯科医院で歯科衛生士に選んでもらうことをおすすめします。

《 歯科衛生情報局 第1回 》キレイな歯を保つスケーリング!

カテゴリー:歯科衛生情報局 更新日:2018.12.18

☆ 今日の先生 ☆

日本体育大学医療専門学校 校長
鈴木 幸江 先生


スケーリングって何?
スケーリングとは、歯に付着したプラーク(歯の汚れ)、歯石、その他の沈着物を歯科用器具である各種スケーラー(手用スケーラー、超音波スケーラー、エアスケーラー等)を用いて機械的に除去することです。


歯の汚れや歯石を除去するためにスケーラーという道具を使用します

スケーラーにはたくさんの形状がある!
スケーラーには様々な形状があり、処置をする箇所によって使い分けを行っています。


スケーラーには使用する箇所によって異なる形状が用意されています

スケーリングは、歯周治療の中でプラークコントロールと同様に重要な処置で、歯科衛生士は歯科医師の指示でこの業務を行います。


スケーリングをしないとこんなリスクが…
歯石は歯面に付着したプラークが石灰化したもので表面がでこぼこしているとプラークがさらにつきやすくなります。
歯石をそのままにしておくと、歯周病やむし歯の原因となります。
また、歯石は日々のブラッシングなどでは除去することができません。

スケーリングすることにより、患者様が口の中の汚れを除去しやすい環境を作ります。