保護者の方へ
guardian

日本体育大学医療専門学校
校長 鈴木 幸江

「ご安心してお子様をお預けください」

日本体育大学医療専門学校
校長 鈴木 幸江

本校では「生命の尊厳を自覚し、人間として謙虚な心と仁愛の心を持った有為な人材を多く輩出する。」をモットーに医療を通じて社会貢献できる人材の養成を行っています。

本校で目指す歯科衛生士・柔道整復師は、お子様にとって生涯に渡って活かすことのできる医療国家資格です。
歯科衛生士は求人倍率が20倍を超え、柔道整復師も多くの卒業生を輩出し開業をしていることから、本校の就職率は100%を誇っています。
超高齢社会に突入した日本において、今後さらに医療職の需要は拡大をしていきます。

本校では実践的かつ国家試験合格だけを目標としない多角的な教育で、卒業後早期に臨床現場での戦力となれることを目指します。

“高い合格率

柔道整復コースは、年々難度の高くなっていく国家試験に対して未だに高い合格率を保っています。歯科衛生コースは設置間もない状態で卒業生を輩出していませんが、経験豊富な講師陣を揃え、国家試験合格への布陣は盤石です。

詳しくはこちら

“通いやすい学費

授業料は、同様の資格を目指せる学校と比較して安価~平均的な額になっています。
また、日本学生支援機構の奨学金や歯科医院による給付型奨学金(条件あり)なども取り扱っていますので、在学中の家計負担を軽減することもできます。

詳しくはこちら

“ヤル気に応える専任教員学習スペース

「ヤル気はあるけどなかなか成績が上がらない…」、でも大丈夫です。

ヤル気がある学生には本校自慢の専任教員が授業外でもしっかりと指導します。
また、そのヤル気に応えるたくさんの自習スペースも用意しています。

“少人数だからこそのアットホーム感

本校は歯科衛生コース一学年40名、柔道整復コース一学年30名と決して大所帯ではないクラス編成で3年間を過ごします。

少人数なので担任との距離が近く、学生の現状や特性を確認しながら指導を行っています。結果としてアットホームな雰囲気でクラスが形成され、国家試験合格を目指していきます。

詳細はぜひオープンキャンパス個別見学でご確認ください