ご挨拶
greeting


建学の精神

生命の尊厳を自覚し、
人間として検挙な心と
仁愛の心を持った
有為な人材を多く輩出する。

ご挨拶

校長 鈴木幸江

日本体育大学医療専門学校
校長 鈴木 幸江

社会に奉仕できる医療人に

医療職は、いつの時代も社会から求められてきたやりがいのある仕事です。生涯、国家資格を持って働けるということです。本校は昭和48年に開校し45年の歴史を持つ柔道整復師育成の専門学校として開校。卒業生は約2,700人を超え、柔道整復師として接骨院開業・病院勤務、トレーナー、教員など多岐にわたる分野で全国各地において活躍しております。平成30年4月には学校名を日本体育大学医療専門学校と改称。歯科衛生士を養成するための口腔健康学科を開設いたしました。

わが国は、すでに4人に1人が65歳以上の超高齢社会に突入しています。また、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年はその数3,657万人以上と推計されています。「健康に生きる」元気に自立して日常生活を送ることができる期間(健康寿命)を伸ばすことが重要な課題になります。

年をとると筋力が衰え、転倒・骨折などのリスクが高まります。柔道整復師は地域に密着し、国民の健康をサポートすることで社会に貢献しています。また、口腔ケアは健康の入り口です。歯科衛生士は乳幼児から高齢者までの各ライフステージに沿ったお口の健康を支援していきます。

本校は柔道整復師、歯科衛生士を養成することで、医療を通じて社会貢献できる高いレベルの医療人を育成することをお約束します。