過去情報past information

実技試験1

カテゴリー:過去情報 更新日:2011.05.27

こんにちは。教員のハスヌマです。

今週、1年生に対して基本包帯法の実技試験を行いました。

課題は、基本包帯法の中の環行帯、螺旋帯、折転帯、亀甲帯でした。

はじめての実技試験ということもあり、緊張している学生が多かったですね。

そんな中で、ちゃんと実力は発揮できましたか?

印象としては、皆さんよく練習して臨んだとみえて、まずまずの出来だったと思います。

でも、折転の際にしわや弛みが出来てしまったり、亀甲帯の走行が少し乱れる学生が多かったです。

包帯のラインの出し方もまだまだですね。

課題はたくさんあります。

試験を実施し、包帯をはじめてまだ2ヶ月弱ですが少しずつ差が出始めているのを感じました。

でも、授業でも言ったように今の段階での “ 差 ” は器用・不器用による差だと思っています。

これからは、練習量による “ 差 ” がどんどん出てきます。

不器用な人でも一生懸命練習すれば、必ず器用な人より勝ることが出来ます。

学生の頃、折転帯がどうしてもうまく巻けなくて、実技試験の際、当時教鞭を執られていた丸山先生に、

「ハスヌマ君、どうしたんだ? ひどいね。」

と言われ、何度も巻き直しをさせられたことを思い出します。

その悔しさをバネに何度も練習を重ねたお陰で、今では人並みに巻けるようになったと思っています。

昨日の夜間部の試験終了後、本番で実力を発揮できなかったのか、放課後実習室に残り、

黙々と試験課題を復習している学生を見かけました。

また今日は、昼間部の授業終了後に、来週から教える予定の麦穂帯を予習している学生がいました。

うれしいですね。

彼らは1年後には見違えるほど包帯が上手になっていることでしょう。

これからも手を抜くことなく、学生と対峙して指導しますので、一緒に頑張りましょうね。

下の写真は、試験2日前に自主練に励む夜間部の学生の姿です。

2011052716400000

2011052716400001

東京で柔道整復師・歯科衛生士を目指す
日本体育大学医療専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00