過去情報past information

懐かしい顔

カテゴリー:過去情報 更新日:2010.02.15

こんにちは。教員のヒグチです。
寒い日が続きますね。

昨日の日曜日(2月14日)は綾瀬の東京武道館へ
小学生の審判に行って参りました。
(東京都少年少女学年別柔道選手権大会)

小学校3年生から6年生までの男女別個人戦です。
151の団体(道場)が10試合場に分かれて覇を競うハイレベルな大会。

dvc000051

審判をしている私もついつい選手の熱気に引き込まれてしまいます。
実は私、柔道を始めたのは中学校から(それも1年生の秋から)で、
学校の所属する世田谷区では良く審判をするのですが、
都大会レベルはあまり経験がなく、
今時の小学生はこんなにも技が達者なのかと驚くばかり。

指導されている先生の熱心さが選手を通じて伝わってきます。
観覧席の父兄も真剣そのもので、いい加減なジャッジは許されません。

最初の主審が終了してほっとしていると、後ろから「先生」声をかけられました。
息子さんと揃えたのかと思われるヘアスタイルの男性です(ボーズ?)。

20年くらい経っていたこともあり、最初は誰だか判りませんでした(ゴメンナサイ)。
柔道衣の名前を確認して若き青春時代の顔が戻ってきました。

「今は○○で開業して順調にやってます。」とのこと。

嬉しいじゃないですか。
柔道部でもなかった卒業生のお子さんが柔道の選手で出場し、
親となった姿で再会できるなんて。

試合場では先輩や後輩と遭うことは少なからずありますが、
こんなことは初めてでした。

ひょっとしたらとプログラムを見直すと…もう一人、怪しそうな名前がありました。
程なくその卒業生とも挨拶できました。

それだけ自分も老けてきた(マダハゲテナイゾ)ということで、
こういった楽しみが増えたことに複雑な感想を持った一日でした。

東京で柔道整復師・歯科衛生士を目指す
日本体育大学医療専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00