過去情報past information

肩の怪我

カテゴリー:過去情報 更新日:2009.09.10

こんにちは、教員のクリバヤシです。
最近すっかり秋らしくなり、職場の日体接骨院は
学生患者が増えてきた傾向にあります。

夏休みも終わり、夏合宿を終えた日体大の学生さん達も多く来院しております。
勿論、学生患者は日体大の学生さんだけではなく近隣の小、中、高校生を始め、
本校の学生達も患者として来院しています。
その殆どがスポーツによる外傷で、

つくづく 「運動に怪我は付き物だ」 と、いうことを実感しています。

私も今年の春先に怪我をしました。
住まいが湘南ということもあり、趣味でサーフィンやっています。
今まで、あまり大きな怪我をしたことのない自分が、そのサーフィンで
はじめて腕が上がらない程の肩の怪我【肩の腱板損傷】をしました。

完治するまでに約2ヶ月を要し、今でもその怪我の後遺症として肩の運動に
若干の違和感を抱いています。

人間の体の中で、怪我をして痛めた筋肉の修復に一番時間を要するのが
肩の筋肉と言われています。

一度筋肉を傷つけると100%元の筋肉に回復するのは困難と言います。
そして、肩には複雑な動きに対応している小さな筋肉達がいくつもあります。
小さな筋肉は痛めると回復は遅く、後々色々な障害をもたらすようになります。
自ら経験してみると非常に納得できます。
従って、皆さんに言いたいです!

肩の怪我はできるだけしないほうがいいよ・・・。

ちなみに、出勤前の早朝、サーフィンをすると一日の体の調子は良好です!

学生の皆さん、勉強だけでなく適度な運動もしっかり行ないましょう!!
勿論、準備体操はしっかりね。

clip_image00211

写真は、茨城日立市にある川尻海岸。人も少ないシークレットポイントです!

東京で柔道整復師・歯科衛生士を目指す
日本体育大学医療専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00