過去情報past information

プライトンを用いた足関節捻挫の固定

カテゴリー:過去情報 更新日:2014.02.26

こんばんは。教員の蓮沼です。

今日は、今年度最後の実技試験の結果を報告いたします。

今年度最後の実技試験の課題は、

「プライトンを用いた足関節捻挫の固定」です。

足関節の捻挫は、日常の診療の中で最も頻回に遭遇する外傷の一つです。

それだけに、しっかりとした技術を身に付けてもらいたいものです。

今回は、今年度に行った6回の実技試験で、嬉しいことにA評価が最も多いという結果になりました。

その中の一人、宮本さんの実技をご覧ください。

彼女に代わって言い訳をさせてください!

実はこの動画を撮影したのは、実技試験を実施してから1か月以上経ってか ら撮影されました。

なので、実技試験本番と比べると全然出来が悪いですね。

これは彼女自身が一番分かっていると思います。

走行に迷いがありますし、包帯を右手で煽る癖も出ていますね。

もっとデリケートな外傷では、患部が動揺して固定どころではないですね、これでは(涙)

これではA評価はおろか、Bも付かないですね。

でも、これだけは言っておきます。

実技試験当日の彼女の出来は本当に素晴らしかったです。

淀みなく手も動いていましたし、手際も良く、しかもしっかりと目的を果たした固定を施していました。

でも、試験当日ではなく、これが今の彼女の実力なんです。

それだけのポテンシャルは持っている けど、そのパフォーマンスをコンスタントに発揮するだけの力はまだないんですよね。

日常の診療では、いついかなる時でも、患者さんが誰であれ、最適な整復・固定を行うことが求められます。

そのためには練習あるのみです!

それは、自分自身にも言えることです。

一緒に頑張りましょう!!

皆さんが2年生になれば、来年度は自分なんかよりも臨床経験豊富な粕谷先生を始め、多くの素晴らしい先生方の講義を受けることになります。

うちの学生は本当に幸せですよね。

さらなる技術の獲得を目指し、頑張ってください!!

蓮沼整骨院 蓮沼鉄也

東京で柔道整復師・歯科衛生士を目指す
日本体育大学医療専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00