過去情報past information

成長

カテゴリー:過去情報 更新日:2012.10.10

皆様、お久しぶりです。非常勤教員の蓮沼です。

久しぶりにブログを書かせていただきます。

今日は、蓮沼整骨院の研修生を紹介させていただきます。

syashin2

右が本校卒業生の瀬下真太郎、左が本校夜間部1年生の平岡勝です。

アニメおたくの瀬下は、卒業と同時にうちで研修を始め、1年半が経ちました。

4月に「碑文谷木村整骨院」を開院した神輿馬鹿の兄弟子、木村一先生に1年間みっちりしごかれ、だいぶ逞しくなりました。

研修を始めた当初は、元来が無器用で大人しい性格(マイクを握ってアニソンを歌い始めると豹変しますが・・・)なので、

自分や木村先生から毎日のように怒号を浴びせられていました。

うちで研修を始めて1カ月ほどが経った頃だったでしょうか、

自分が仕事を終えて晩酌をしていると、神妙な面持ちで上にあがって来て、

「先生、自分、どれだけダメですか・・・」

と涙をボロボロ流し出したこともありました。

毎日のように叱られ、患者さんともうまくコミュニケーションがとれずに悩んでいたんでしょう。

二人で長いこと話をしたことが思い出されます。

誰もが通る道なんですよね。

自分の今の現状に思い悩む、その感受性がある分、彼は成長するだろうと、その時感じました。

あの日から1年半、本当に成長してくれました。

患者さんからも信頼されるようになってきましたし、最近では、生意気にも自分に治療法の献策までするようになってきました。

もちろん、まだまだ勉強が足りないですし、技術の研鑚も重ねる必要がありますが、

新しく入ってきた後輩に指導している姿をみると、技術的な面だけでなく、人間的にも大きな成長を遂げているのを感じ、嬉しく思います。

自分も彼に負けないよう、努力したいと思います。

もう一人の研修生、平岡は10月からうちで研修を始めたばかりです。

今日も川口マダムの患者さんから、

「あなた、ちょっと照英に似ているわね」

と言われ、調子に乗っていました。

確かに、むさくるしいうちの中では「イケ面」の部類に入るかも知れませんね(笑)。

ただ、体格と顔はいいのですが、成績が・・・・・。

前期の成績をみると、ちょっと心配です。

研修を始めてまだ1週間、今はまだ仕事を覚えることでいっぱいいっぱいで、臨床の勉強にまでは至っていないとは思いますが、

この1週間で手の基節骨と第5中足骨、2名の骨折患者さんが来院しました。

彼にとっても新鮮な骨折患者を目にし、良い刺激にはなったかと思います。

臨床での刺激が勉強意欲につながり、成績が向上してくれることを切に願います。

常勤の先生方、厳しいご指導、よろしくお願いいたします。

久しぶりのブログで長くなってしまいました。

すいません。

また何かありましたら、このブログにて皆様にご報告させていただきます。

東京で柔道整復師・歯科衛生士を目指す
日本体育大学医療専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00