過去情報past information

空手道選手権大会に行ってきました。

カテゴリー:過去情報 更新日:2012.04.16

こんにちは 樋口です。

昨日は小林先生と一緒に「東京都糸東会空手道選手権大会」救護係として出掛けてきました。
小林先生は3回目でしたが、私は初めて。

karate-1

午前中は「形」午後は「組手」が行われました。
幼児から成年まで、男子と女子に分かれてそれぞれトーナメンと方式で競技が行われました。
競技開始前の練習時にはかわいらしい表情だった子供たちでしたが、いざ競技が始まると、
とても勇ましい顔つきに変化します。
そう、気合いの入った様子は一層凛々しく頼もしいものでした。
これは柔道でも同じなのですが、空手の構えが加わると、これがまた格好良いのです。

karate-2

一定の時間、気持ちを集中して事にあたる習慣はとても良いものだなと、ふと感じました。
どの選手もすばらしい「形」を披露してくれました。

「組手」競技は安全具を装備して行うのですが、寸止めとはいえ、どうしてもタイミングが
あってしまうと衝突は避けられません。
胸に打ち込んだはずの「突き」が顎や顔面に入ってしまうこともしばしば。
ここで私ども救護係の出番がやってきます。
今会の大会では幸いに、試合中に声がかかったのが2回だけでした。
小林先生いわく、「少なすぎ。」
もっと活躍したかったのですが、こればかりは仕方ありません。
大きな怪我も無く、成功裏に終わった大会でした。
 
私は空手競技を一日堪能することができて大変満足な時を過ごせました。
また次の機会を楽しみにしています。

東京で柔道整復師・歯科衛生士を目指す
日本体育大学医療専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00