過去情報past information

実技試験

カテゴリー:過去情報 更新日:2011.02.02

こんにちは。教員のハスヌマです。

1年生の基本包帯法の授業(昼;柔整包帯学、夜;柔整実技1)で、6回目の実技試験が今週行われます。

今回の課題は「プライトン」という熱可塑性の合成樹脂副子を用いた足関節の固定です。

昼間部は月曜日にすでに行われましたが、あまり出来が良くなかったですね。

もう少し練習が必要です。

夜間部は今夜実施予定です。

昨日の放課後、実習室は練習に励む学生で溢れていました。

2011020121350000-300x1681

2011020121350001-300x1681

2011020121360000-300x1681

いい光景ですね。

足関節はこのような副子を当てると、包帯の施行にかなり技術が必要になります。

最終的にきれいに巻けているようでも、中の固定が不十分だと副子が容易にずれてしまいます。

試験では外観上の美しさだけでなく、そういったことも評価します。

20110201213700001

上の写真は、昨晩の練習のときの夜間部1年生、A瀬君の固定です。

完成形をみる限りでは、足関節がやや屈曲位になってしまってはいますが、

しわや弛みもなく、まずまずきれいに巻けていますね。

でも本番では目の前で施行してもらうので、途中の手際や包帯のラインの出し方など、たくさんのチェック項目があります。

緊張せずに練習の成果をしっかり出せるといいですね。

特にN中君(笑)

楽しみにしています。

東京で柔道整復師・歯科衛生士を目指す
日本体育大学医療専門学校

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-2-7
TEL:03-5717-6161(代表)
受付時間/10:00~20:00