スタッフブログstaff blog

白衣の着納め

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.02.08

こんにちは。事務職員の藤田です。

2月も中盤に差し掛かり、いよいよ3年生の授業も全課程が終了に近づいています。
そんな中、昼間部3年生は今日で実技の授業は最後、つまり本校の白衣を着用するのは最後となります。

DSC05990 DSC06006
最後の実技授業をサポートするのは担任でもある小林先生。
この授業を見守って何を思うのでしょうか。

最後となる「下肢の骨折・脱臼実技」では「キャストシーネの作成」を行い、和気藹々としながらも新しい知識を身に付ける喜びが表情から溢れている姿が印象的でした。
グループ同士で「キャストシーネ」の出来を競い合うというのも面白いですね。
DSC06004 DSC06005

DSC05993 DSC06002

写りたがりっ!!!
DSC06021 DSC05996

DSC05999 DSC05998

最後は集合写真で締め!!3年生の白衣姿が見れなくなるのも少し寂しい気持ちになりますね。
皆さんいったんお疲れ様でした!!
DSC06023 DSC06028

厳冬期の南相馬市牛越第一応急仮設住宅で福島県、南相馬の復興を祈る日体柔整バック

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.02.06

皆様こんばんは、教員のナカオです。

ここ南相馬市牛越第一応急仮設住宅では厳冬期の中、復興に向けてみんなで歩みを進めております。

しかしその一方では、地震、津波、原子力の三災害が現在進行形で続いております。

南相馬市の医療者は地域医療を守るべく歯を食いしばって戦っています。

私も南相馬市医療ボランティア、南相馬市立総合病院職員、南相馬市立小高病院職員、南相馬市小野田病院職員として頑張る医療者の輪に加わって参りました。

今までもそしてこれからも日体柔整バックとともに原発安定まで負けないで頑張りたいと存じます。

福島県浜通り地方に明るいきぼうを‼
こどもたちに輝くひかりを‼

20180206

蛍雪の候

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.02.02

ありがとうございます。雪降る中、日体柔整で授業をさせて頂いております。

三年生の皆様は国家試験まであと少し、、

ご成功を祈念申し上げます。

ありがとうございます。

20180202

飯のタネ

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.01.31

みなさんこんにちは。教務のコバヤシです。

最近はインフルエンザが猛威を奮い、学生にも影響が出始めています。
また寒波の影響で先週は雪も降り、寒さが身にしみる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

今週から1・2年生は後期末試験の真っ最中で、かつ来週には3年生の卒業試験が迫っています。

学生ホールでも
IMG_6345 IMG_6346

IMG_6349 IMG_6348

教室でも
IMG_6352 IMG_6353

自習用に解放している基礎医学実習室でも
IMG_6354

あちらこちらで学生は試験勉強に励んでいます。
おそらく人生の中で最も勉強している学生が大勢いるのではと思いますが、人生の中で3年間必死にやる事が、後に「飯のタネ」になると私は考えます。特に3年生は約1ヶ月後には国家試験が迫っています。あの時やっておけばよかったと悔いが残らないよう出し切って欲しいと思います。

学生諸君!健闘を祈ります!

雪景色の相双地方の地域医療を守る南相馬市立総合病院で福島県、南相馬の復興を祈る日体柔整バック

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.01.30

皆様こんにちは、教員のナカオです。

ここ福島県相双地方では雪景色の中、復興に向けて歩みを進めております。

しかしその一方では、地震、津波、原子力の三災害が現在進行形で続いております。

南相馬市の医療者は地域医療を守るべく歯を食いしばって戦っています。

私も南相馬市医療ボランティア、南相馬市立総合病院職員、として頑張る医療者の輪に加わって参りました。

今までもそしてこれからも日体柔整バックとともに原発安定まで負けないで頑張りたいと存じます。

福島県浜通り地方に明るいひかりを‼
こどもたちに輝くきぼうを‼

20180130

接骨院でトレーニング!

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.01.26

こんにちは!
接骨院の内薗です。

日体接骨院では空き時間や後片付けが終わって時間のある時にトレーニングを行っています!

身体が資本の我々柔道整復師は体調管理もしっかり行わなければなりません。
その一つとして体力をつける必要があり、接骨院で簡易的なトレーニングを行っています。

また、患者様にトレーニングの指導をすることもあり、実際トレーニングをやってみてどのように効果があるのか、何を注意点としておこなうのかなどを理解しておく必要があります。

施術を行い患者様を元気にする我々が元気でないといけません!
しっかりと体調管理をしていきましょう!

今週のはじめに降った雪が残っているところもあり、地面が凍っているところもあります。
足元に十分気を付けてお過ごしください!

写真① 写真②

写真③ 写真④

4年ぶりの大降雪が明けて

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.01.23

こんばんは。教員の吉田です。

昨日昼から夜にかけてかなり雪が積もりました。これだけ積もったのは何年ぶりでしょうか。
今朝は早めに出勤し、教職員一同雪かきをしました!
朝から筋トレでした。
DULUddYUQAAEY3s

中庭は特に雪かきしておりません。
かなり積もっている事がよくわかります。
ですがよく見ると・・・
ヒト型のような形があります。誰でしょうか。

20180123_103753

調査してみましたところ、そのヒト型は
20180123_145351

昼間部 3年生の影山君でした。
そして雪かきを手伝って?もらいました。

20180123_145252
そして放課後見に行くと学生ホールで勉強しておりました。
ちょっとした遊び心で気分転換、勉強するときは気持ちを切り替えて、頑張ってください。

20180123_103518
授業の合間の休み時間には小林先生と昼間部2年生の学生がまだ雪かきしていない場所の雪かきを手伝ってくれました。

20180123_103557 20180123_103610
おかげで国道246号から本校駐輪場へ入る坂道が、朝には通路を確保する程度の雪かき状態でしたが、きれいに通行しやすくなりました。手伝ってくれた2年生の皆さんありがとうございました。

雪降る南相馬市の地域医療を担う南相馬市立総合病院、南相馬市立小高病院、南相馬市小野田病院で福島県、南相馬の復興を祈る日体柔整バック

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.01.23

皆様こんばんは、教員のナカオです。

ここ南相馬市では雪降る中で、復興に向けて前を向いて進んでおります。

しかしその一方では、地震、津波、原子力の三災害が現在進行形で続いております。

南相馬市の医療者は地域医療を守るべく歯を食いしばって戦っています。

私も南相馬市医療ボランティア、南相馬市立総合病院職員、南相馬市立小高病院職員、南相馬市小野田病院職員として頑張る医療者の輪に加わって参りました。

今までもそしてこれからも日体柔整バックとともに原発安定まで負けないで頑張りたいと存じます。

福島県浜通り地方に明るいゆめを‼
こどもたちに輝くみらいを‼

IMG_20180122_171758 IMG_20180123_122825

IMG_20180122_174353

験担ぎ(げんかつぎ)

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.01.19

こんにちは。事務職員の藤田です。

職員室をふと見てみると白いダルマさんが。
DSC05742 DSC05788

毎年、又吉先生が神社で買ってきてくれる合格祈願のダルマです。
あ~、もうそんな時期かぁと、ハッとさせられるとともに、事務職員としても3年生の国家試験合格に向けてしっかりとサポートをしていかなくては!と改めて襟を正す気持ちになります。

このダルマの右目は、国家試験受験予定の3年生が一人一個の点を打っていき、それが集合した時に一つの黒目になるという験担ぎをしています。

DSC05787

もちろん最後は自分の3年間学んできた知識や技術がものを言うわけですが、験を担ぐに越したことはありません。

最近は、受験シーズンになると合格に由来する言葉をもじったお菓子などが登場しますが、昔からの験担ぎの食べ物といえば「とんかつ」ではないでしょうか?

本校の近場では、お蕎麦屋さんのカツ丼。
DSC_1046
桜新町にある敷島屋さんのお蕎麦とカツ丼は絶品です。

CoCo壱番屋さんの手仕込みとんかつも美味しいですよネ。
DSC_0021

ゴーゴーカレーさんのメジャーファーストカレー。
とんかつもチキンカツも同時に食べれれば合格まちがいなし(?)
17-06-16-14-21-59-535_photo

以上、オススメのとんかつ料理特集でした!験担ぎ料理のご紹介でした!
3年生の皆さんは、栄養もしっかりとって国家試験まで突っ走りましょう!

救護活動で大事なこと

カテゴリー:スタッフブログ 更新日:2018.01.17

明けましておめでとうございます!教員の熊谷です。
年が明けても寒い日が続きますね…

以前にもブログで紹介しましたが、日体接骨院では様々なところから依頼を受け救護活動に参加しております。

つい先日の日曜日にも高校生の柔道大会で救護活動をしてきました!

今回は反復性肩関節脱臼の疑いのある怪我や上腕三頭筋の挫傷などの怪我が発生してしまいました。

反復性肩関節脱臼の選手は過去に5回ほどの脱臼歴があるとのことでした。
これから先、柔道家としての未来を潰してしまわないように内園先生が今後の治療などについて熱心に説明していました。

救護活動では怪我に対しての適切な応急処置も大事ですが、その後の治療が怪我の治り方に大きく左右します。

選手がいち早く競技復帰できるように今後の治療についての説明をし、納得してもらうことも、大事なことの一つです!

今後も選手が安心して試合が出来るようサポートしていきたいと思います。

救護写真内園